受注製作レンズの納期について

タイ洪水の影響の続きです。

受注製作レンズの多くは、通常3~5日程度の納期で小売店に納品されるものが多いのですが、本日注文したメーカーさんのものだと7日程度かかるものも出てきております。

国内製造ラインの方にも大分しわ寄せが来ているようです。

納期に関しては少し余裕を持ってご来店頂けますと幸いです。


IOFT 新作展示を見てきました(KAMURO編)

少し時間が空いてしまいましたが、今回のカムロさんの新作を見てきましたので、そちらをアップしていきたいと思いまーす。

とはいっても、実際の商品に関して言えば、KAMUROさんの公式ブログの方がよっぽど詳しいので(笑)、細かいことを知りたい方はそちらをご覧頂くのがよいかも(投げやり)。

コチラのブログでは主だったモデル達をピックアップしてご紹介していきたいと思います!
(忙しくて全部写真撮る時間がなかっただけ、とも言う)

今回我々一行に新作をご紹介を頂きましたのは、カムロの総務として、出荷・在庫や小売店の対応窓口としてご活躍の「まーくん」、こと平野さんです。
ma-kun
いきなりカメラを向けられてドギマギした表情が素敵です。
(平野さんゴメンナサイ)

新型のメタルフレームのなかで目を引いたのは最近ではあまり見なくなった、ダンスホールでクルクル回っているアレを取り付けたあのモデル・・・。

disco
ピカッと光っているのはカメラのフラッシュを使ってるからで、決して実物はこんなに光りません(当たり前)
最近でディスコ⇒クラブと世の中も変化しているので、ミラーボールの出番があるかどうかはさておき、オーソドックスなフロント一体成型フレームのワンポイントアクセントとしてはかなり優秀だと思います。
「disco」らしい装飾に目が行きがちですが、実際にはベーシックなフレームとしてのデザインもさすがにしっかりしています。

disco
前モデルのklenotやcelcleあたりとテイストは近いですが、両者の中間辺りでなおかつ、やや上下幅が大きめですので、かなり広い年代層をカバーできそうです。

calla calla
次は「calla」です。
いわゆる「serta」の続編にあたりそうなフレームですが、レンズシェイプはボストンチックだったsertaから、ややスクエア気味にシフトしていますね。
この辺りは好き嫌いもありますが、より多くの方に合わせやすくなっているのではないでしょうか?
リエールの装飾をフロントに使っているのもビックリですが、注目はテンプルでしょう。
装飾はかなり凝っています。
セルタよりもより高度な切抜きを使っていますし、七宝も作るのかなり大変そうなぐらい、細かくやってますね。
他のモデルが分かりやすく派手なのが多いので、今回のリリースの中ではやや地味目の存在(失礼)ですが、かなりオススメ度は高いです!
元もとの掛け心地の良さには定評のあるシリーズですしね。

kukuls kukuls
次はセルフレームの目玉「Kukuls(ククルス)」。
リリース前から注目していた、裏金具を模様に見立てたセルフレーム。
なので、どれもセルカラーはクリア系統の透明度の高い生地で統一されていました。
今回の中では「限定」を除くと、インパクトは一番大きかったモデルです。
写真にのっているカラー5色が全カラーになるそうです。
あまりの出来のよさに、ついつい全部注文してしまったので、お店でじっくり見て欲しいと思います。
写真では分かりにくいですが、かなりイイですよ。

akira shizuk
a
新作紹介の最後は「トイシリーズ」。
実物を見るまでデザインのテイストから「アン・バレンタイン」、「テオ」辺りの雰囲気かなと思ってました。
が、実際には「LAアイワークスのクラシックモデル」とか「ルノア」、そんな感じが近いです。
丸眼鏡の方が「akira」で、スクエアのハーフリムが「shizuka」、そしてまーくんが掛けているのが「taigo」です。
どれもポップで柔らかい雰囲気になっていますが、最近のカムロのテイストとは一線を画した感じがありますね。

どのモデルもクラシックテイストですし、シンプルすぎるぐらいシンプルな造形(実際にはかなり手が込んでいるんですけど)なのでお顔の形や目の位置によっても似合う⇔似合わないの区切りがハッキリしそうなモデルだと思いました~。


iOS5

Ipad2


ipad2をiOS5にアップデートしました。
世間で言われているようなトラブルはなく無事完了です。

タブブラウザがやっと標準化されたので、ホームページ閲覧がかなりラクになりました。
今まではブラウザの画面切り替えボタン→画面一覧から見たい画面を選択、という面倒な作業があったので、お客様が操作するのにだいぶ戸惑うケースが多かったのです。

その点、タブブラウザはWindowsのIE8/9やMacのsafariと操作方法がほぼ一緒なので、これならまぁまぁ大丈夫ではないかなと思っています。

それから特別遅くなったということもないのですが、iCloudをパソコンから見るには、Windows-XPのパソコンでは使えないのがチョットだけショックです。


タイの洪水の影響

眼鏡レンズの大手メーカーのうち、ニコン、ホヤ、セイコーの3社より、タイ洪水の影響による納期遅延の連絡がありました。

ホヤ社においてはレンズ銘柄そのものが製作不可能になるものも出てきております。

本日までに受注を頂いたお客様の分についての影響は出ておりませんが、今後、一部のレンズにつきましては、多少遅れが出る場合もございます。


影郎×KAMUROコラボ INFECTION&NAKED

IOFTから無事帰還したものの、岡山に帰ったとたんに冷え込みが厳しくなりましたね。
おかげさまで風邪を召しました。
喉と鼻がヒドいです~。

みなさんも急な冷え込みには気をつけて下さいね。

今日からはIOFT総集編を順次お送りしていきます。
まずは、当店でも絶大な人気を誇るKAMUROさんの新型です。

その中でもおそらく注目度はナンバーワンであろう、鬼才とのコラボレーションモデル。
両公式ブログなどでもちょっとずつディティールが公開されていましたが、全体像まではハッキリとしていませんでした。
今回のIOFTでお披露目です。

infection
infection


コチラが影郎さんデザインのKAMUROブランド「Infection」。
一枚板チタンを切り抜いたボリューム感のあるデザインです。
影郎さんらしいすこし毒の有る独特のテイストは残しつつ、KAMUROさんの持っている煌びやかなイメージをより昇華した感じですね。

naked
naked


もうひとつがKAMURO小野寺マネージャーデザインの影郎デザインワークスブランド「NAKED」。
その名前の通り、テンプルのラインは女性のシルエットをモチーフになっています。
フロントのまつげを表現したフォルムと相まって、キュートなイメージをより前面に出してくれますね。

どちらも単なるIOFTお祭りモデルとしてでなく、それぞれが絶対的な完成度の高さ。
写真以上に実物は一見の価値有り!!といって過言ではないと思います。
気になる入荷予定ですが、12月頃には?ということでした。
かなり生産の大変そうなモデルだけに、メーカーさんは大変だと思いますが、ホント期待してます!!


帰岡します

帰岡します
セミナーも終わり、無事空港行きバスに乗り込みました。
これから帰岡します。
第2弾の内田豪先生(東京眼鏡専門学校講師)のセミナー。
先生のセミナーは初めてでしたが、実際のお店でスルーしがちな要点を厳しく、簡潔にレクチャーして下さいました。
1時間半のセミナーがとても短く感じた大変楽しいセミナーでした。
本当にありがとうございました。
東京からのブログ投稿は以上です。
金曜日からお店は通常通り営業させて頂きます。


セミナー中

セミナー中
空き時間にお台場の自由の女神を見てきました。
いつかニューヨークのも見てみたいです。
第一弾セミナー終了、引き続き第2弾に行ってきまーす。


Kawasaki の最新型

Kawasaki の最新型
アンチテンション新型デビュー!
圧倒的な軽さです。
悩ましいなぁ~。


シュンキワミ

シュンキワミ
商談中です。
新型は展示会終了後アップ予定です。
シュンキワミの新作もキレイですよ!


あの鬼才のブースに

行きました。
実物は初見ですが、スゴいです!
メガネにもデザイナーにも圧倒されっぱなしです。