2004Model FA-064のリペア


ファクトリー900?

でも見たことの無いモデルですよね・・・。

実はこちらのモデルは2004年モデル FA-064です。

既に生産が終了しているモデルで、これはユーザーさんの修理でお預かりしたものです。

経年でプラスチックの一部が割れたのを補修し、乾燥した部分を研磨・艶出しをしています。

レンズ部分は左右取り外しが可能なフード付きゴーグル、現行FA-067にも通じる形ですね。

とても9年前の眼鏡とはおもえない革新的なデザイン。

Nさん、末永く大切に使って下さいね~。


FACTORY900 FA-207入荷しました

新作シリーズの中でも独特の異彩を放つFA-207。
ファーストロットが入荷してきました。

「スプーン」や「レンゲ」などの呼ばれている極太のバネ蝶番付テンプル採用。
このテンプルの圧倒的なボリューム感、FACTORY900でしかできないトップクラスの技術を惜しみなく注ぎ込まれたハイエンドモデルです。

フロントはFA-201(現役)をベースにしてややサングラスっぽいフォルムのシンプルな造形。
シンプルさとテンプルの対比が絶妙なスタイルバランスを実現しました。

前モデルFA-097(現役)で見られた近未来的イメージに加え、更にSFっぽく作り上げてますね~。
スプーンの裏側に通信機が入ってそうな気がするのは私だけでしょうか?(^^;
他では見れない超ハイインパクトモデル、ぜひ一度店頭でお試しください!!


ネジが折れるトラブル

暖かくなってくると増えてくるメガネのトラブルにネジの折れがあります。

主にレンズを固定している部分のネジが多いのですが、永くメンテナンスしていないメガネの場合、経年の汗や水分などによりネジが浸食、腐食が起こっています。

使用中、フレームに衝撃が有った際にそれが途中部分で破断してしまう事が起こります。

ネジの折れこんだ部分を拡大しています。
写真のように完全に埋まりこんでしまったネジを回すのは困難で、専用の治具で押し出してしまう方法で取り除き、新たにネジを入れなおします。

当店でお預かりする時間や費用はわずかですが、レンズがないとメガネは機能しません。
一つしか手持ちのメガネがなければ大問題ですよね。
そうなる前に年に1回程度はメンテナンスにお立ち寄り頂ければ幸いです~。

FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう! 詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!
↑FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう!
詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!


Nude3 のお客様

Labyrinth(影郎デザインワークス)のNudeⅢをお求め頂きましたお客様です。
以前はよくある黒縁・太目・スクエアのセルフレーム(フルリムタイプ)をお使いでした。

初めて見るアンダーリム(下側だけフチの有るタイプ)に最初は戸惑い気味でしたが、明るい性格のJさんにピッタリとフィット。
見た目も明るくチャーミングに変身です!

本モデルは一般的なプラスチックフレームに使っているアセテートと違って、セルロイドという昔ながらの素材を使っています。
セルロイド独特の吸い付くようなフィット感の高さもお気に召して頂けましたよ~。
大事に長く使ってあげてくださいね~。

FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう! 詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!
↑FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう!
詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!


J.F.REY ウッドフレームのご紹介です!


J.F.REY のニューモデル、ウッドテンプルシリーズが入荷、ご成約を頂きました。

本物のウッドを使っているので、ボリューム感の割に非常に軽量に仕上がっています。
触り心地はマットでサラっとしています。
もちろん表面は丁寧に研磨をされていますので、触れてもチクチクするような事はありません。


ウッド系フレームはフレームの調整が課題といえます。
ウッドの部分は通常の眼鏡用の工具で曲げたりする事はできませんが、フロント~テンプルの繋ぎ目部分には金属を埋め込むことで、お顔に合わせて調整可能になっています。


こちらがテンプルの先形状です。
当初、先端まですべてウッドで覆っているモデルしかなかったのですが、後日追加されたモデルでは写真のように先部分を曲げられるよう、金属を埋め込み、プラスティック製のカバーを取り付けてあります。

従来のウッドモデルでは調整が困難、出来ないという事が多かったのですが、こちらのモデルはしっかりとフィットさせることが可能です。
他の素材では出せない柔らかさのあるウッドの独特な質感、店頭にもう一本ございますので、ぜひお試しくださいね~。


BOZ SEXYサイズアップ/サングラス仕様


BOZの「蜘蛛」シリーズ、SEXYです。
顔に張り付くような蜘蛛の巣と、散りばめられたスタッズが鈍く光る、スタイリッシュなモデルです。
前期のSCANDALEを少し小降りにしたフォームで幾分掛けやすさがアップしました。


こちらがノーマルの状態です。
今回はこちらをサングラス仕様にします。


コダックのブラックハーフのサングラスカラー「タンパSH」にて。
ハーフカラーはフルカラーレンズに比べ、マイルド感が出ますね。


レンズの横幅もアレンジしてます。
通常よりも拡大して、サングラスっぽく仕上げました。
ノーマルと比べ、レンズとフレームの隙間が少なくなりましたね。


ジャンポールゴルチェ アンティークサングラス

ゴルチェの アンティークなサングラスです。

こちらは売り物の商品ではなく、お客様が長年愛用されているものをレンズ入れ替えでお預かりしたものです。

70年代を思わせるようなフォルムですね。
もともとガンメタ色のアンティーク調カラーフレームなのですが、年月を経ていい感じの雰囲気になってきました。

時計のムーブメントや部品を思わせる独特の装飾、今でも通用するデザインだと思います。
末永く大切にお使いくださいね~。

惜しむはゴルチェの眼鏡フレームは製造ライセンス終了で作るメーカーさんが不在になった事。
根強いファンも多いのですがね・・・。

結構、昔の眼鏡をリペアーして、レンズを入れ替えると今の眼鏡にはない雰囲気を楽しめますよ。
ご興味のある方、ご相談くださいね。


BOZ SEXY入荷です

BOZのニューモデル SEXYが入荷しました。

話題を呼んだ蜘蛛の巣モデル SCANDALEを少し小ぶりにしたスタイル。

女性でも掛けやすくなりました(^^;

掛けると妖艶な雰囲気たっぷりに・・・まさにセクシーです。

非常に挑発的なデザインですが、ぜひトライして欲しいですね~。
 


FA-160 スイッチマグ加工(サングラスと切り替えてお使い頂けます)

ファクトリー900 の定番シリーズ FA-160 col.853(ホワイト)です。

一見して、「カラーレンズ」が入っている、のはお分かり頂けると思います。

でも少し何かが違うような感じがしませんか?

答えは、コレです。

ベースに透明のレンズを組み込んで、カラーレンズを装着脱できるようになっています。

実は、カラーレンズも偏光レンズを使っています。(コダック ポラマックスのクリムソンピンクです)

カラーレンズを取り外すことで、フツーの眼鏡!?になりますよ。

スイッチマグと呼ばれる特殊加工を両方のレンズに行っています。

ネオジム磁石を埋め込むことでレンズが装着脱出来るようになっているんですね。

ネオジム磁石は非常に小さくても磁力が強いので、ベースレンズに組み込んだ磁石もほとんど目立たず見た目を損ないません。

カラーレンズの方に組み込んでいる磁石はこんな感じです。

今回はファクトリー900での使用例ですが、基本的に他のフレームでもスイッチマグ加工は可能ですよ。

レンズ購入と同時にお申し付け頂ければOKです! 納期は通常のレンズ納期+2週間程度になりますので、時間に余裕を持っていただけると非常に助かります(^^;

※既に出来上がっているメガネレンズへのスイッチマグ加工はお受けできません、レンズ購入と同時の場合のみお受けしております。
※使用するフレームの形状によってはフレーム自体をお預かりする必要がございます。