Monthly Archives: 2月 2013

花粉症対策用メガネ(度付きも出来ます)

暦は春を過ぎて、昼間は暖かい日も多くなってきましたね。
そうなると花粉も多くなる季節です。
スギ・ヒノキの大量花粉飛散で、毎年初めて花粉症になった・・・という人は多いようですね。

くしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれてる花粉症・・・。
まず、花粉を入れないことが対策の第一歩!!です。

このシーズンに是非ご使用いただきたいのが、もうすっかりおなじみ「花粉防止用メガネ」です。
見ての通り大き目のフードが目の周りを覆うことで、花粉が目に入り込むのを防ぎます。

花粉の時期以外にも、工場や、ネイリストなど普段から粉塵の多い環境でお仕事をされている方の
作業用保護メガネとしても大変重宝されています。

でも、メガネを掛けている方の場合、度が入ってないと使えない・・・という人は多いと思います。
この商品に限らず、一般で売っているものは基本的には度なしのレンズが入っています。

こちらを当店では度付きに変更することが可能です。
写真の現物も実は度付きレンズを入れています。

本格的な花粉シーズンはもうすぐ、ぜひ今のうちから対策を!

なお、念のためですが、度付き対応は当店でお求め頂いた花粉保護メガネのみ行っております。
あしからずご了解くださいませ。


今日中に出来ますか?

眼鏡の出来上がりに関するお問い合わせで多いのが「今日中に出来ますか?」というのがあります。
大手のメガネチェーン店なんかだと「20分加工でお渡しできます!」なんて広告しているのがありますので、その影響かなとは思います。

ちなみに遠近両用やカラーレンズの場合はレンズ自体が受注生産になりますから、どこのお店も即日渡しは不可能だと思います。
いわゆる近視、乱視、遠視、老眼などに用いる単焦点レンズの場合は、そういった対応ができるお店もあるという事です。

さて、当店の場合ですと、ほとんどの場合が「翌日以降のお渡し」とさせて頂いております。
なぜかと申しますと、特に多いのが乱視度数使用率の高さがあります。

乱視度数をレンズに組み込んだものを使うのが必ずベスト、という訳ではありませんが、他店様で作られたメガネを拝見しますと、乱視度数の組み込まれている率は明らかに当店より低いように思います。
また緩すぎる低矯正や、球面度数で無理やりカバーしているケースもよく見られます。

乱視度数は確かに間違ったセッティングをすると掛けづらいメガネになる事がありますし、乱視度数も出来る限り網羅して店頭在庫化するとなると、1種類のレンズだけで相当な枚数を在庫しなければならない、となります。
だから効率重視のチェーン店なんかではこういう事が多くなっているのかもしれませんね。

ちなみに違和感を感じないのであれば、ピント調節を考慮して乱視度数は必要量組み込む方が見え方は改善、疲れも軽減するケースが多いです。当店ではそちらをオススメする事が多いです。

また、最近ですと耐傷防止、ブルーカットなど機能コーティングなど、様々な種類のレンズがたくさんあります。
眼鏡店としてはその中からベストチョイスをお客様にご提案させて頂ければベストですが、特定のレンズを在庫化をするとどうしても在庫レンズから優先的に販売しなければならなくなる(在庫レンズも古くなると変色などの恐れが出てきますので)という事情も出てきます。
なんだか本末転倒な気もしますよね・・・。

基本的にレンズは掛ける方一人一人に合わせる・・・という事を当店では優先しますので、そのような理由から「レンズご注文分の即日お渡し」はしておりませんが、なにとぞご理解頂ければと存じます。


オセラ陽春号に掲載させて頂きました


岡山の地域情報誌 オセラ陽春号で当店が紹介されました。
「オセラ的新生活のススメ」ページに掲載されてます。

4月から進学、就職などで新しい生活を始める方も多い季節。
顔を構成する重要なパーツであるメガネもリニューアルしてカッコよく、可愛らしくデビューしましょう!
ぜひ、コンビニエンスストア、書店などで手に取ってみて下さいね~。

今回は、オセラ公式Webページにも記事を掲載頂いております。
オセラ的新生活のススメ
ぜひこちらもご覧くださいね~。


新しい看板が設置されました


先月末をもって当店の隣接するニシナ花尻店さんが閉店となりました。

現在の予定ですが、4月からドラッグストア「ひまわり」さんがオープンの予定です。

先日看板が設置されました。
これからオープンまでは工事、機材搬入・搬出など、多くの車両・重機が出入りいたします。

当店は通常通り営業しておりますが、お客様のお車に万一のことがあってはいけませんので、
お越しの際はできるだけ駐車場の北側にお止め下さいませ。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


ツーポイント(フチなし)フレーム

ツーポイントフレーム、フチなしフレームと呼ばれるフレームです。
一般的に多いのはネジで金具部分とレンズを固定し、ナットで締めて固定しているタイプです。
他のタイプに比べて、デリケートな取扱いが求められるフレームですが、おもに使用後に固定部分の緩み、ガタツキが出てくるケースとしては次の要因が考えられます。

1.金具部分の変形
2.ネジの変形
3.ナットの締め付けが緩るんでいる
4.ワッシャーの劣化

他タイプのフレーム以上に、ネジがゆるむとフレームの形状が大きく変動し、適切な状態を保つのが難しくなります。
結果としてフィッティングが崩れる(ズレやすくなる)事になります。

一般的にガタツキの要因として多いのは1~3ですが、経年したものの中には4が原因の場合も多くなります。
一般の方には3以外のケースは対処が難しいケースかと思います。

特に分かりにくいのが4ですが、今回はこのタイプについてご説明します。

フチなしメガネの固定部分に使っているパーツを外すとこんな感じなります。

固定に使っているパーツ類です。
ネジ、ナット、ネジの先端が使用中触れないようにするための保護用の袋ナット、金属ワッシャー、ポリカ製のワッシャーです。

ナット以外のパーツはこんな感じで組み込んで固定します。

最後にナットで締め上げた後、袋ナットでネジの先端を保護します。
用途として分かりにくいのは金属、ポリカのワッシャーですが、これらも実は重要な役割を果たしています。

金属ワッシャーはネジを締めた際の接地面を固くして抵抗を高めるため、プラスティックレンズの間に挟みます。
ポリカワッシャーはスプリングワッシャーと同じ役割で、ナットで締めた際に反力が起こる事で、常にネジにテンションを掛け続ける為に挟みます。

特に重要なのがポリカワッシャーで、コレがないと締めたナットはすぐに緩みが生じます。
メガネのように小さな部品を使っているものほど、テンションの大きさは非常に重要になります。
ポリカワッシャーはプラスティックのように経年によって硬化が生じ、劣化が進むと割れてしまう事が起きます。
できれば1年を目安に交換が望ましいところです。
同タイプのフレームをお使いのお客様はできるだけ定期的に点検のご来店をおすすめいたします。

なお、お客様によってはネジが緩んでしまってから、接着剤などで固定を試みる方法を取られているケースがあります。
場合によってはレンズコーティング、レンズ基材を痛める恐れがありますので、極力接着剤の類はお使いになられないようお願いいたします。


スイスフレックス シリーズ刷新について

人に優しい・肌にやさしいをテーマにネジ・金属を一切使わない、スイスフレックスの眼鏡フレーム。
アレルギーフリー、変形に強いことから子供さん、お年寄りを中心に、当店でも愛用者の多い眼鏡フレームです。

メーカーの方針により今年からラインナップが変更になりました。

CLASSICシリーズ


CROMOシリーズ


KIDSシリーズ


RAINBOWシリーズ

こちらの4シリーズ+まもなく登場予定の新シリーズでのラインナップ構成になります。

※なお下記の商品についてはメーカー製造終了に伴い、在庫限りの対応となります。
カラーによっては既に在庫終了となっているものもございます。
ユーザー様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
詳しい在庫状況についてはお手数ですがお問い合わせくださいませ。

◎SwissFlex Air(エアー)シリーズ
◎SwissFlex Link(リンク)シリーズ
◎SwissFlex Fly(フライ)シリーズ
◎SwissFlex Motion(モーション)シリーズ


NudeⅢ 柔らかなアンダーリムスタイル

影郎デザインワークスのアンダーリム(下側のみフチあり)が入荷しました。

一般的なハーフリム(ナイロール)の場合、上側のみフチありが圧倒的に多く、最近鼻側のみフチあり(レンズの外側はフチがない)ものも少しずつ増えてきました。

しかしながら、アンダーリムのフレームはあまり眼鏡業界全体を見ても希少のようです。
アンダーリムは「欧米におけるリーディンググラス」のイメージが強いからか、それとも掛ける人をある程度選ぶからか、色々と理由はありそうですが、正直なところ一般的には「あまり売れない(笑)」種類のフレーム形状なのだと思います。

とはいえ、アンダーリムが確実に似合う人、というのも確実に存在しておられます。それも結構高い確率で。
当眼鏡フレームのデザイナーである影郎氏が仰られるには

>アンダーリムの必要性とは
>「前髪の重さや鬱陶しさをこれ以上増やさず、面長を修正し小顔を作る。」
>そんなアンダーリムフレームなのに店頭にはあまり見かけないのが現状だったからだ。

という事なのですが、まさにその通りでだと思います。
面長の方にはレンズ上下幅の長いフレームを合わせる、という方法もあるのですが、これはフレームによっては重たいイメージになりやすいのも事実。
そこでアンダーリムを使う事でスッキリとした印象で、キレイ目にお掛け頂く事が出来るのですね~。
(ちなみに上フチありのハーフリムを面長の顔に掛けさせると、余計に面長に見える場合が多いですね。)


FA-300レッド+定番マットブラック再入荷


FA-300 col.259

初期ロット入荷から1週間、遅れていました、FA-300 レッドが入荷してまいりました。
ただ今、ブラック、デミブラウンとともに3色がご覧いただけますよ~。


FA-204 col.001M

FA-240 col.001M

それから定番となりつつありますマットブラック(艶消し黒)のファクトリー900。
FA-204、FA-240といった辺りが入荷してきております。
こちらも非常に人気モデルですので、なかなかご覧いただけないモデルです。
ぜひこの機会にご来店を!お待ちしております~。

FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう! 詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!
↑FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう!
詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!


タウン情報おかやま2月号で当店が紹介されました



岡山の地域情報誌「タウン情報おかやま」で当店が紹介されました。
今回の特典として、ご来店の方に空くじなしの抽選会を実施しております。
眼鏡フレーム、レンズ、小物などなど・・・がもれなく当たります。
3月末までの特典となっております。
この機会にぜひ遊びに来てくださいね~。

FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう! 詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!
↑FACEBOOK 始めました。ぜひお友達の輪を広げましょう!
詳細は上のバナーをクリックしてくださいね!


FA-300入荷しました


今年は新作入荷が早い(笑)、ファクトリー900です。
トランクショーでもご好評を頂いていました、FA-300。

フレーム・レンズのフロントカーブが大きく異なる、フローティングデザインの新型です。
FA-202/212あたりのデザインをさらにゴーグル風に仕上げた(?)雰囲気ですね~。
カラー259(赤)は人気のためか、2月中旬~下旬に入荷の予定です。
度付き加工して、非球面設計のレンズを入れて頂いても違和感の少ないデザインです!