ボーソレイユが送る、フィッティング可能なウッド調フレーム ボーソレイユのセカンドライン「STUDIO FB」。
木目調の秘密はその素材にあります。

通常のプラスチックフレームに多いアセテート素材は、コットン80%、プラスチック20%の配分で作られることが多いです。 STUDIO FBはこの配合を、コットン60%、プラスチック20%、ウッド20%、で作られています。

この配合にすることで、本物の木製フレームではほぼ不可能だった、お顔に合わせてフレームを変形させる、従来のフィッティングが可能になりました。
つまり、掛け心地の点で一般的なプラスチックフレームと同レベルに比肩します。


またウッドの中に古材を混ぜることで、その太さに比べ非常に軽量に仕上がっているのも特徴です。

これだけの内容で、価格は2万円代前半と非常にリーズナブルになっております。
ぜひ店頭で本物のウッドと同じような質感、独特な表情をお試しください。


■ノーズパッド加工
プラスチックフレームの場合、元々は固定式のノーズパッドが取り付けられていることが多いです。
STUDIO-FBも同様で、インポートフレームに多い「小さめのノーズパッド」が付いています。
装用者の鼻周りのフィット感が悪い、ズレやすい、まつ毛や頬に当たりやすい場合は当店でノーズパッド加工を行います。
これにより、上記の症状を大きく軽減することが可能です。

■STUDIO-FB コレクション
W01
W02
W03
W04
W05
W06
W07
W08
W09
W10
W11
W12
W13
W14
W15
W16
W17
W18
W19
W20