ブランド物語



ヴィンテージの伝統を活かしつつ未来を志向する感性と斬新な手法を取り入れたフレーム。クラシカルな中にも新しさを予感させるフレームです。

オリジナルブランド"カメマンネン"が生まれたのは戦後のこと。
当時一般的な常識では耐久性に問題があったが創業者 木村菊次郎 のクラフトマンシップにより"永く使えるよいめがね"という思いを込めた "カメマンネン"を開発したことに始まります。

時代が変わり、最新鋭の機械化された現代においてもこのクラフトマンシップは受け継がれています。

クラシカルなデザインとチタンを主流とする現在のフレーム工学の融合により、軽量で適度な弾力性をもったフィット性に優れたフレームとなっています。

また、どちらかといえばレンズサイズの大型化が進む、現在のフレームデザインとは一線を画す、小さめのレンズシェイプが多いのも特徴で、強度の近視・遠視の方でも薄く軽くレンズが仕上がる設計になっているのも魅力的です。


■KMN-34 カラー1番(ホワイトゴールドプレーティング)

KMN-34 カラー1 
KMN-34 カラー1 
KMN-34 カラー1 
KMN-34 カラー1 

画像をクリックすると拡大表示します。
レンズ片側 タテ×ヨコ(mm) ブリッジ幅 フロント横幅 テンプル長さ
41ミリ 28ミリ 24ミリ 125ミリ 140ミリ
近用眼鏡にピッタリ。クラシカルな雰囲気をそのままに今風の太めを基調にした力強いデザイン、変形に強い独自の鼻当て部分も特徴的。


■KMN-48 カラー2番(アンティークシルバー)

KMN-48 カラー2 
KMN-48 カラー2 
KMN-48 カラー2 
KMN-48 カラー2 

画像をクリックすると拡大表示します。
レンズ片側 タテ×ヨコ(mm) ブリッジ幅 フロント横幅 テンプル長さ
40ミリ 33ミリ 22ミリ 123ミリ 143ミリ
丸眼鏡というほどではありませんが、優しいラウンド調オーバルスタイル。つや消しメタルは穏やかな知性を感じさせます。バイクのヘルメット着用のままでも掛け外しのしやすい、細身のテンプル使用。


■KMN-49 カラー3番(チタンカラー)

KMN-49 カラー3 
KMN-49 カラー3 
KMN-49 カラー3 
KMN-49 カラー3 

画像をクリックすると拡大表示します。
レンズ片側 タテ×ヨコ(mm) ブリッジ幅 フロント横幅 テンプル長さ
44ミリ 29ミリ 22ミリ 123ミリ 142ミリ
知性を感じさせるフロントカラータイプ。バイクのヘルメット着用のままでも掛け外しのしやすい、細身のテンプル使用。


■KMN-58 カラー2番(アンティークシルバー)

KMN-58 カラー2 
KMN-58 カラー2 
KMN-58 カラー2 
KMN-58 カラー2 

画像をクリックすると拡大表示します。
レンズ片側 タテ×ヨコ(mm) ブリッジ幅 フロント横幅 テンプル長さ
45ミリ 29ミリ 21ミリ 130ミリ 142ミリ
クラシカルな雰囲気にスポーティーなツーブリッジ使用、軽量ニッケルレスチタンフレーム。


■KMN-60 カラー2番(アンティークゴールド)

KMN-60 カラー2 
KMN-60 カラー2 
KMN-60 カラー2 
KMN-60 カラー2 

画像をクリックすると拡大表示します。
レンズ片側 タテ×ヨコ(mm) ブリッジ幅 フロント横幅 テンプル長さ
43ミリ 30ミリ 22ミリ 125ミリ 142ミリ
小ぶりでスタイリッシュ、便利な跳ね上げ単式レンズタイプです。